国・自治体、研究・国際機関等
 EcoJob Home環境分野 求人目次>国・自治体等


求人番号 A312


「家の燃費」の概念を普及する社団法人
事務系専門職員募集


求人内容

採用条件

待遇
【求人内容】


≪仕事概略≫
EU全土では、「家の燃費」エネルギーパスが義務化されています。日本において、住宅の省エネルギーに関する情報を提供する仕事です。
省エネルギー性能を評価するソフトウェアの提供事務所の常駐事務になります。オフィスは関連会社同⼠でのオフィスシェアをしており、あらゆる⾯で協⼒しながらの業務になります。また、正社員は少ないですが社外の協⼒スタッフと連携して運営しております。
事業は⾮常に専⾨性の⾼いものになりますが、お願いしたい業務としては⼀般的な事務になります。電話やメールでの問合せの対応については専⾨的な内容を聞かれることになりますので、専門知識が無いとしても要件を聞き取れて別のスタッフに伝えられるコミュニケーション能⼒を求めます。

≪業務内容≫
◆講習運営業務
事務所内のセミナールームや外部で⾏われる各種講習会の準備、申し込み対応
会議室の予約や教材の準備業務などもお願いします。
◆各種問合せ対応業務
⽇本全国の建築関連の実務者からメール・電話での対応が多くあります。オフィスシェアしている会社の電話も対応して頂くこともあります。
◆広報業務
ホームページの編集、講習会のチラシ作成、メーリングリストの配信など
◆その他業務
⼀般的な事務、請求書などの発送といった簡単な経理業務



【採用条件】
■住宅やエネルギー産業に関⼼がある⽅
■電話対応に抵抗の無い⽅
■建築関連の業務経験や修学経験のある方⽅(優遇)
■年齢制限なし(35 歳以下優遇)
■必須の PC スキル
・Microsoft Office(Excel,Word,PowerPoint)(⼀般的なレベル)
その他優遇対象となる PC スキル
・ホームページ編集(Wordpress 等)・グラフィックソフト(illustrator 等)

【待遇】
雇⽤形態 ・パート社員・正社員
★3ヶ⽉間の試⽤期間有り
勤務地 東京都港区新橋
勤務時間 9:30〜18:30(実働 8 時間)
★残業時間なし(セミナーなどイベントでの残業有り)

給与 ⽉給 20 万円以上
※経験や能⼒を考慮した上で評価
休⽇休暇 完全週休⼆⽇制、祝⽇休み
夏季休暇、年末年始休暇(時期と期間は応相談)
有給休暇
福利厚
⽣・待遇
賞与⽀給あり(業務実績を踏まえて相談)
交通費全額⽀給
各種社会保険完備(雇⽤・労災・健康・厚⽣年⾦)
育児休業制度
育児短時間制度
★その他要相談

勤務地
東京都

法人概要
当団体は、一般社団法人としてこの家の燃費「エネルギーパス」を広く一般市民に対して普及し、持続可能なまちづくりを目指すことを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行います。
■活動1 建築物の省エネルギー性能に関する調査研究
■活動2 自然エネルギーの活用方法に関する調査研究
■活動3 建築物のエネルギーパス認定に関する事業
■活動4 上記エネルギーパス認定制度に係わる専門要員の育成と研修
■活動5 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業(公告方法)


トップに戻る



A007 独立行政法人 国立環境研究所


独立行政法人 国立環境研究所 採用案内
2017年11月14日(火)


研究系職員:
  • 被災地の環境回復・環境創生に向けた社会対話・協働手法の開発と適用に関する研究
    掲載日:2017年10月2日 応募期限:2017年11月30日 所属:福島支部
  • 中間貯蔵における熱処理減容化技術に関する研究
    掲載日:2017年7月19日 応募期限:随時受付 所属:福島支部又は資源循環・廃棄物研究センター
事務系職員:
  • 現在、事務系職員の募集はありません。

研究系契約職員:
  • 河川上流域における放射性セシウム動態計測研究業務
    掲載日:2017年10月24日 応募期限:2018年1月19日 所属:福島支部
  • 数値解析手法を用いた国・地域の低炭素社会構築計画分析に関する研究業務
    掲載日:2017年10月12日 応募期限:随時受付 所属:社会環境システム研究センター
  • 地域大気質の変動及び環境影響評価に関するモデリング研究業務
    掲載日:2017年9月15日 応募期限:随時受付 所属:地域環境研究センター
    自然公園の気候変動適応策・生態系サービスの評価に関する研究業務
    掲載日:2017年8月30日 応募期限:随時受付 所属:生物・生態系環境研究センター
  • 魚類を用いた生態毒性に係る研究業務
    掲載日:2017年8月8日 応募期限:随時受付 所属:環境リスク・健康研究センター
  • 温室効果ガス収支広域評価に関する研究業務
    掲載日:2017年4月6日 応募期限:随時受付 所属:地球環境研究センター
    化学気候モデルを用いた数値実験と力学および化学解析に関する研究業務
    掲載日:2017年3月10日 応募期限:随時受付 所属:地球環境研究センター

高度技能専門員(契約職員):
  • Webサイト「環境展望台」に係るシステム及びGISコンテンツの整備・運営業務(平成29年度採用)
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:随時受付 所属:環境情報部
  • Webサイト「環境展望台」の整備・運営業務(平成29年度採用)
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:随時受付 所属:環境情報部
  • Webサイト「環境展望台」に係るシステム及びGISコンテンツの整備・運営業務(平成30年度採用)
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • Webサイト「環境展望台」の整備・運営業務(平成30年度採用)
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • 広報誌等作成・普及業務
    掲載日:2017年10月30日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
    スーパーコンピュータシステム運用等関連業務
    掲載日:2017年10月30日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • 地球環境研究に係る論文ネイティブチェック、研究成果の英文翻訳、英文校閲等業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年11月30日 所属:地球環境研究センター
  • 地球環境研究に係る出版物等の編集及びスーパーコンピュータ事務局補佐業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年11月30日 所属:地球環境研究センター
  • 地球環境研究センターの研究活動の広報資料デザイン等に関する業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年11月30日 所属:地球環境研究センター
  • 地球環境研究センターのWEB,SNS等にかかるデザイン及びサイト管理等に関する業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年11月30日 所属:地球環境研究センター
  • 地球環境研究に係る広報媒体デザイン・制作等広報業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年11月30日 所属:地球環境研究センター
  • 温室効果ガス排出・吸収目録策定関連調査業務
    掲載日:2017年10月27日 応募期限:2017年12月25日 所属:地球環境研究センター
  • 国際的な環境研究推進に係る企画・調整等支援業務
    掲載日:2017年10月25日 応募期限:随時受付 所属:企画部国際室
  • 温室効果ガス観測技術衛星に関する広報業務
    掲載日:2017年10月16日 応募期限:随時受付 所属:地球環境研究センター
  • 元素分析計(CHN)を用いた依頼分析に関わる機器分析業務
    掲載日:2017年9月13日 応募期限:随時受付 所属:環境計測研究センター ※応募期限延長
  • 生態系や生物多様性に関わる地理情報の解析補助業務
    掲載日:2017年8月15日 応募期限:随時受付 所属:生物・生態系環境研究センター
  • 里海エリアにおける生態系調査と試料分析等に関する業務
    掲載日:2017年7月26日 応募期限:随時受付 所属:生物・生態系環境研究センター
  • 「地球環境データベース等」等に係るサーバ・ネットワーク等管理運用業務
    掲載日:2017年7月20日 応募期限:随時受付 所属:地球環境研究センター
  • ネットワークシステムの構築及び運用等に関する技術支援等業務
    掲載日:2017年5月30日 応募期限:随時受付 所属:環境情報部情報管理室
  • 河川水・湖水の水質分析全般に関する業務
    掲載日:2017年5月24日 応募期限:随時受付 所属:地域環境研究センター
  • 温室効果ガス排出・吸収目録策定関連調査業務(国際会議支援)
    掲載日:2017年5月1日 応募期限:随時受付 所属:地球環境研究センター
アシスタントスタッフ(契約職員):
  • 湖沼の水質・生物試料の前処理・分析等業務
    掲載日:2017年11月14日 応募期限:2017年12月12日 所属:生物・生態系環境研究センター
  • 総務部人事課における事務補助業務
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年11月29日 所属:総務部人事課
  • 会計事務補助業務
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年11月29日 所属:総務部会計課
  • 会計事務支援業務
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年11月29日 所属:総務部会計課
  • Webサイト「環境展望台」の運営管理等業務に係る事務・データ整備補助業務
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • Webサイト「環境展望台」の運営管理等業務に係る補助業務
    掲載日:2017年11月1日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • 情報管理室業務事務補助業務
    掲載日:2017年10月30日 応募期限:2017年12月28日 所属:環境情報部
  • 環境試料の長期保存施設の管理補助業務
    掲載日:2017年10月30日 応募期限:2018年1月10日 所属:環境計測研究センター
  • 基盤技術・物質管理研究室事務補助業務
    掲載日:2017年10月19日 応募期限:2017年11月24日 所属:資源循環・廃棄物研究センター
  • 福島支部研究業務における事務補助業務
    掲載日:2017年10月18日 応募期限:2017年12月4日 所属:福島支部
  • 副センター長室および国際資源循環研究室事務補助業務
    掲載日:2017年10月16日 応募期限:2017年11月20日 所属:資源循環・廃棄物研究センター
  • 循環利用・適正処理処分技術研究室事務補助業務
    掲載日:2017年10月10日 応募期限:2017年11月20日 所属:資源循環・廃棄物研究センター
  • 資源循環・廃棄物研究センター長室事務補助業務
    掲載日:2017年10月10日 応募期限:2017年11月20日 所属:資源循環・廃棄物研究センター
  • 生物多様性資源保全研究推進室の研究業務に伴う予算管理・各種事務支援業務
    掲載日:2017年10月4日 応募期限:2017年12月1日 所属:生物・生態系環境研究センター
  • 気候変動影響評価・適応策検討に用いる解析モデルのプログラミング及びデータ・結果ファイル管理に関する事務・研究補助業務
    掲載日:2017年9月20日 応募期限:随時受付 所属:社会環境システム研究センター
  • 環境試料の放射性物質測定補助業務
    掲載日:2017年8月8日 応募期限:随時受付 所属:環境計測研究センター
    循環・廃棄物研究棟大型施設の運用に係る分析補助、試料調製、管理業務
    掲載日:2017年5月10日 応募期限:随時受付 所属:資源循環・廃棄物研究センター


【詳細確認及び応募方法】
下記URLより直接ご確認、ご応募ください
http://www.nies.go.jp/osirase/saiyo/






トップに戻る



求人番号 A310


再エネ普及&環境教育のNPO法人
事務局正社員(東京)【終了】


求人内容

採用条件

待遇
地球温暖化防止を目的に活動するNPO法人です。
再生可能エネルギーの普及・啓発活動や 未来を担う子どもたちへの環境教育などを行っています。主に下記の活動です。これら活動を支える事務局全般のお仕事ですので、内容は多岐に渡りますが、難しいものではありません。丁重に指導させて頂きます。正社員かアルバイト、本人のご希望等によって、事務仕事内容や活動の関わり方もご相談させて頂きます。


  • 太陽光発電寄贈プロジェクト
    全国の幼稚園・保育園を対象に、CO2の排出が少ない再生可能エネルギーの普及と、子どもたちに環境の大切さを学んでもらうことを目的とした太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈を行っています。

  • 環境教育プロジェクト
    再生可能エネルギーの普及・啓発を行うとともに、子どもたちの環境問題への関心を高めることを目的に、小学校を訪れて環境教育を実施しています。

  • ワークショップ
    幼稚園・保育園で、環境問題を子どもたちにわかりやすく伝えられるよう、大学生と協力して、「環境絵本」の読み聞かせや人形劇などを実施しています。学生のみなさんが自作した歌やダンスなどを通して、園児たちと一体になる楽しいワークショップとなっています。

  • DVD環境教育教材を制作
    地球温暖化問題や再生可能エネルギー、身近にできるエコアクションなどを盛り込んだDVD環境教育教材を制作。
勤務地
東京都

法人概要
東京都で認証のNPO法人です。企業、チャリティオークション、一般の方からの寄付、キャラクターの売り上げを基金として、安定的に下記活動を実施しております。

・太陽光発電寄贈プロジェクト
・環境教育プロジェクト
・ワークショップ
・DVD環境教育教材を制作


トップに戻る



求人番号 A201


沖縄県の環境調査・分析センター(沖縄)
①自然環境系技術職員
  ②生活環境系技術職員
  ③企画・計画・研究開発職


求人内容

採用条件

待遇
①自然環境系技術職員
海域の生物調査、陸域・陸水域の生物調査、外来種対策業務、有害鳥獣対策、河川水辺の国勢調査、自然再生事業、森林の保全・利活用に関する業務、貴重野生生物の保全、自然環境の保全に関する計画作成、エコツーリズム、自然公園・保護区関連業務、環境アセスメント、その他自然環境関連事業
以上に関連する現地調査、資料調査、提案書・報告書作成

②生活環境系技術職員
典型7公害の現地調査・保全対策検討・予測評価、大気質・水質・騒音・振動・潮流などのシミュレーション、赤土流出防止対策、畜産業の排水・悪臭対策、地球温暖化防止関連業務(温暖化対策実行計画、J-クレジット制度、カーボン・オフセット、省エネ、再生可能エネルギーなど)、地下水保全業務、環境アセスメント、その他生活環境関連事業
以上に関連する現地調査、資料調査、提案書・報告書作成

③企画計画研究開発系職員
環境基本計画・地球温暖化防止計画などの環境関連の計画、地域振興計画・観光振興計画などの自治体の計画
以上に関連する提案書作成、現地調査・資料等調査、計画作成
その他各種研究開発・新規業務へのトライ、新規事業の立ち上げなど
勤務地
沖縄県

法人概要
当法人は、約35年前に 県民の健康の保持増進に必要な食品・飲料水等並びに生活環境の保全及び管理に関し必要な検査、調査研究、啓発等を行い、もって地域社会の健全な発展に寄与することを目的に設立され、現在は自然環境全般の領域まで幅広く調査、研究、立案等を行っております。

【主な業務実績分野】
・食品検査
・水道検査
・環境分析
・環境調査




トップに戻る



お知らせ


林業関連の雇用サイト 「緑の雇用」
森の仕事ガイダンス 【終了】
※各都道府県によるエリアガイダンスは開催中です!


求人内容

採用条件

待遇

森林の仕事ガイダンスは、新たな林業の担い手の確保・育成を目的に、森林・林業に関心を持つ方を対象に実施する説明・相談会です。会場には、参加都道府県の林業労働力確保支援センターや森林組合連合会が相談ブースを設け、各地の林業に関する情報、林業作業の内容や就業までの流れについての説明、参加者からの相談に応じます(ガイダンス会場では就職の斡旋は行いません。また、会場により参加都道府県は異なります)。

【大阪】
2017年1月28日(土)13:00~1700
【東京】
2017年2月04日(土)13:00~1700
【名古屋】
2017年2月11日(土)13:00~1700


「緑の雇用」サイト http://www.ringyou.net/
 【詳細確認及び応募方法】
上記URLより直接ご確認、ご応募ください




上に戻る




求人番号 A303


屋久島 海ガメ保護に高い実績のNPO
 中核スタッフ募集!(鹿児島)


求人内容

採用条件

待遇
【求人内容】
仕事内容は主に事務一般となり、業務範囲は多岐にわたりますが、やりがいのある仕事です。
・調査データ等の入力・分析
・ホームページ管理
・うみがめ館(展示資料館)の入館者への対応・運営
・ウミガメハウス(ボランティア宿泊施設)の維持・管理
・その他、ウミガメの生態調査(5~9月のシーズン中のみ)など多種多様な業務があります。

【採用条件】
・パソコン操作(エクセル、ワード)ができる方(ホームページ管理有)
・AT車運転免許取得者(マニュアル車運転できる方尚可)
・多少の英語が出来る方歓迎
・当NPOの中核スタッフになって頂ける方
勤務地
鹿児島県


法人概要
30年間にウミガメ保護の高い実績のあるNPO
・生態調査活動(標識調査、計測(甲長、甲幅、時間)、その他)
・生態調査報告書発行
・環境保全活動(浜の清掃、遮光林の植樹及び管理等)
・うみがめ館(展示館)運営
・啓発活動(ウミガメ講習会、ウミガメ一日ボランティア、うみがめ通信発行等)




上に戻る


求人詳細、会社実情、試験対策情報等への正/仮お申し込みはページの最後から


A212 地球環境戦略研究機関(IGES)


国内にある環境国際機関
公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)【終了】


公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)では、アジア太平洋地域の持続可能な開発に関する高度な専門知識と幅広い経験を有する優秀な人材を募集しています。

①プログラムマネージメントオフィス(企画調整) スタッフ
1.募集人員 1名
2.業務内容
研究部門におけるロジスティックス(会議開催を含む)、所内外の調整業務を含む日英両言語によ
る研究事務
3.応募資格
協調性と責任感を持って、業務に取り組める方を募集します。
(1) 大卒程度(短大可)、関連業務で3年程度又はそれ以上の経験があること。
(2) 公的機関、企業等での事務の経験があり、PC操作(MS-Word、Excel、PowerPointの基本操作
を含む)ができること。
(3) 日英両言語での業務遂行が可能であること(TOEIC800点以上が望ましい)。
(4) 国際会議・セミナー等開催の実務経験があることが望ましい。
(5) 予算管理の実務経験があることが望ましい。
(6) 時間外労働が可能なこと。
-応募締切 2015 年 4 月 16 日(木)
備考:書類が到着次第審査を開始しますので、早めの提出をお願いします。採用者が選定され次第、
募集を締め切ります。


②アウトリーチチーム アシスタントスタッフ
1.募集人員 若干名
2.業務内容
研究部門におけるロジスティックス(会議開催を含む)、予算管理、調整業務を含む日英両言語に
よる研究事務
3.応募資格
協調性と責任感を持って、業務に取り組める方を募集します。
(1) 大卒程度(短大可)、関連業務で3年程度又はそれ以上の経験があること。
(2) 公的機関、企業等での事務の経験があり、PC操作(MS-Word、Excel、PowerPointの基本操作
を含む)ができること。
(3) 日英両言語での業務遂行が可能であること(TOEIC750点以上が望ましい)。
(4) 国際会議・セミナー等開催の実務経験があることが望ましい。
(5) 予算管理の実務経験があることが望ましい。
(6) 時間外労働が可能なこと。


-応募締切 2015 年 4 月 16 日(木)
備考:書類が到着次第審査を開始しますので、早めの提出をお願いします。採用者が選定され次第、募集を締め切ります。



【詳細確認及び応募方法】
下記URLより直接ご確認、ご応募ください
http://www.iges.or.jp/jp/employment/201502_r_sec.html








求人番号 A284


United Nations University
Institute for the Advanced Study of Sustainability【終了】
①Water and Urban Initiative (WUI)
②Governance for Sustainable Development (GSD) project
③Personnel Service Agreement


募集要項
職務内容

採用条件
①Water and Urban Initiative (WUI)
The Water and Urban Initiative (WUI) contributes to developing and implementing sustainable urban and environment policy in developing countries in Asia. The main objective of WUI project is to seek innovative and feasible approaches to improve water environment in cities in Asian developing countries.
【Responsibilities】
Under the overall supervision of the UNU-IAS Director and under the direct guidance and supervision of the WUI Project Director, the Programme Associate shall perform the following tasks:
Undertake the planning and organizing various events (conferences, symposia, workshops, seminar, etc.) and handle other relevant administrative processes;
Undertake the planning and development of publishing and outreach of the project;
Support day-to-day operation such as processing various procurements and travel;
Provide administrative support to external grants, in particular those from the Japanese Ministries, foundation and other donor agencies, and prepare accounting and financial reports as required;
In undertaking administrative work, liaise closely with UNU Administrative Office; and
Perform any other duties as may be assigned or required by the WUI Project Director.
【Required qualifications and experience】
A bachelor’s degree or equivalent diploma in the area of environmental studies, policy studies, social sciences, or related fields of study;
At least 2 years of working experience in government, academic or research institutions, consulting firms, and/or NGOs; experience in office-support functions related to management of conferences and events is an asset. Work experience in an international organization is preferred;
Excellent communication skills with fluency in both oral and written English and Japanese. Knowledge of another UN official language is an asset;
Ability to prioritize tasks, to complete them within a limited time frame and to handle multiple concurrent activities; and
A good team player with strong inter-personal skills, demonstrated by the ability to work in a multi-cultural, multi-ethnic environment with sensitivity and respect for diversity.
【 Remuneration】
Remuneration will commensurate with qualification and experience, and will range from JPY 300,000 to 350,000 per month. There are no other fringe benefits.
【 Duration of contract】
This is full-time employment on a Personnel Service Agreement (PSA) with UNU-IAS. Initial appointment will be for one (1) year, with the possibility of renewal subject to satisfactory work performance. The combined duration of appointments shall not exceed six (6) years.
This is a locally recruited post. The successful candidate will be employed under a local contract and will not hold international civil servant status nor be a “staff member” as defined in the United Nations Staff Rules and Regulations. UNU does not sponsor a working visa for this position.
Applications from suitably qualified women candidates are particularly encouraged.
【Starting date】 April 2015 (negotiable).
【LOCATION】 Tokyo,Japan

【CLOSING DATE】2015•03•11


②Governance for Sustainable Development (GSD) project
GSD is one of several UNU-IAS projects focusing on sustainable development governance. The project aims to contribute to international discussions towards the establishment of the sustainable development goals (SDGs) in the short term, and to propose policies and frameworks for a long-term transformation in human behaviour towards a sustainable society. The research undertaken aims to examine the major challenges in the field of sustainable development and agreement of the post-2015 development agenda, and fundamental questions on how to achieve sustainability in the twenty-first century. The project also looks to examine and analyse goal-setting and implementation processes (governance questions) of and for the SDGs.
The project is supported by the Ministry of the Environment, Japan, as part of the S-11 project of its Environmental Research and Technology Development Fund.

【Responsibilities】
Under the overall supervision of the UNU-IAS Director and direct supervision of the head of UNU-IAS Governance for Sustainable Development (GSD) project, the Research Associate will be responsible for the following duties:
Conduct research activities of the GSD project, especially on one of the following topics: institutional implications of the SDGs to the UN; governance for the SDGs, including implementation and reporting mechanisms for target and indicators from global to local levels (for sub-global levels comparison of regional and national level implementation); or implementation of the SDGs in areas such as sustainable consumption and production or capacity building and education. The Research Associate should be able to take advantage of a transdisciplinary approach to conducting research.
ŸThe Research Associate will be expected to, among others, work in close collaboration with the Future Earth global hub in Japan and the SDSN Japan chapter to be launched in 2015. As the project is highly policy-oriented, the research associate will also be expected to work on policy-relevant project activities, including organization of events and meetings, and editing and writing of policy outcomes;
ŸUnder the leadership of the project head, manage administrative responsibilities of the project, such as supervising day-to-day management and operation of the project activities, including budgeting, reporting, outreach and day-to-day administrative matters;
ŸInitiate and assist in fund-raising activities of the project;
ŸAssist the project in establishing links with other academic institutions and scholars in Japan and abroad;
ŸProvide lectures in the master’s programme of the Institute upon request; and
ŸPerform any other duties as required by the head of the project or the Director.
【Required qualifications and experience】
A PhD degree (no ABDs) in the area of political science, law, environment, development, social sciences, or a related discipline;
Experience in management of research programmes;
Sound record of or potential for publication of the above-mentioned research areas with a focus on policy and practice;
Teaching experience is desirable;
Fluency in both oral and written English is required. Knowledge in Japanese and other United Nations official languages is an asset; and
Good team player with strong interpersonal skills, demonstrated by the ability to work in a multicultural, multi-ethnic environment with sensitivity and respect for diversity.
【 Remuneration】
Remuneration will commensurate with qualifications and experience, and can range from JPY 350,000 to 450,000 per month. There are no other fringe benefits.
【 Duration of contract】
This is full-time employment on a Personnel Service Agreement (PSA) with UNU-IAS. Initial appointment will be for one (1) year, with the possibility of renewal subject to satisfactory work performance. The combined duration of appointments shall not exceed six (6) years.
This is a locally recruited post; no relocation expenses or allowances apply. The successful candidate will be employed under a local contract and will not hold international civil servant status nor be a “staff member” as defined in the United Nations Staff Rules and Regulations.
Applications from suitably qualified women candidates are particularly encouraged.
【Starting date】 April 2015 (negotiable).
【LOCATION】 Tokyo,Japan

【CLOSING DATE】2015•03•15


③Personnel Service Agreement
【Responsibilities】
Under the overall supervision of the Senior Programme Coordinator of UNU-IAS and Coordinator of the Global Environment Outreach Center (GEOC), the Programme and Administrative Associate will provide support for the UNU GEOC activities: specifically, coordination and logistical support for research and events such as symposiums, workshops, lectures and other events. Specific tasks will include the following:
Assist the Senior Programme Coordinator in the overall management of the GEOC programme, including planning and managing projects and budget;
Assist in coordinating logistical and substantive arrangements with local partners, including UN organizations, governments, universities, private companies and NGOs;
Provide the functioning of administrative and logistic support related to GEOC programme including finance, procurement and travel;
Coordinate preparations and follow-up activities for research projects and events about sustainability, including but not limited to sustainable development, biodiversity, and multi-stakeholder partnerships;
Prepare meeting minutes, event reports, contracts, agreements, project proposals and financial reports;Perform other duties as may be assigned.
【Required qualifications and experience】
A master’s degree or equivalent in the field of environmental science, environmental governance, biodiversity science, environmental education or related disciplines;
At least five (5) years of work experience in government, academic or research institutions, consulting firms, and/or NGOs; experience in office-support functions related to management of conferences and events is an asset. Work experience in an international organization is preferred. Applicants with a bachelor’s degree with at least seven years of similar experience will also be considered;
Ability to establish work priorities and deliver within tight deadlines and handle multiple concurrent activities;
Ability to work with minimal supervision and with a high level of resilience;
Computer and web literacy required. Strong IT skills would be an asset;
Excellent communication skills with fluency in both oral and written English and Japanese. Knowledge of another UN official language is an asset ;
A good team player with strong interpersonal skills, demonstrated by the ability to work in a multicultural, multi-ethnic environment with sensitivity and respect for diversity.
【Remuneration】
Remuneration will be commensurate with qualifications and experience, and will start from JPY320,000 per month. There are no other fringe benefits.
【Duration of contrac】
This is full-time employment on a Personnel Service Agreement (PSA) with UNU. Initial appointment will be for one (1) year with the possibility of renewal subject to satisfactory work performance. The combined duration of appointments shall not exceed six (6) years.
This is a locally recruited post; no relocation expenses or allowances apply. The successful candidate will be employed under a local contract and will not hold international civil servant status nor be a “staff member” as defined in the United Nations Staff Rules and Regulations. UNU does not sponsor a working visa for this position.
【Starting date】 April 2015 (negotiable).
【LOCATION】 Tokyo,Japan

【CLOSING DATE】2015•03•06


会社概要
機関概要
【United Nations University objectives】
The United Nations University (UNU) is the academic arm of the United Nations system. Its mission is to contribute through collaborative research and postgraduate education, dissemination of knowledge and advisory services, to efforts to resolve the pressing global problems of human survival, development and welfare that are the concern of the United Nations, its Peoples and Member States. The University functions as a think tank for the United Nations system and for UN Member States, providing knowledge-based policy advice.

【 UNU Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS)】
UNU-IAS is a new UNU institute, created in January 2014 through the consolidation of the former UNU Institute of Advanced Studies, Yokohama, and the UNU Institute for Sustainability and Peace (UNU-ISP), Tokyo. It is based at UNU Headquarters in Tokyo. The mission of UNU-IAS is to serve the international community through policy relevant research and capacity development focused on sustainability, including its social, economic and environmental dimensions. UNU-IAS builds on a strong tradition of UNU research and capacity development in Japan, undertaken in collaboration with a global network of professionals and scholars, particularly in Africa and Asia.
For more information please visit
http://ias.unu.edu.

【Global Environmental Outreach Centre (GEOC)】
The Global Environmental Outreach Centre (GEOC) was jointly established by the Ministry of Environment of Japan and UNU; its mission is to foster partnership between various stakeholders, such as international agencies, national governments, local governments, companies, nonprofit organizations and citizens, to create a sustainable society. GEOC’s main activities include: (i) international partnership building, (ii) partnership building in Japan, and (iii) information sharing and communication.
For more information on GEOC, please visit
http://www.geoc.jp/english/geoc.



【詳細確認及び応募方法】
下記URLより直接ご確認、ご応募ください
http://unu.edu/about/hr/administrative/programme-and-admin-associate-unu-ias.html#overview







トップに戻る




環境分野人材バンクEcoJob会員(現在14,598人)登録受付中!
EcoJob会員登録はこちらから

Home